IEOとICOの違いや情報をまとめてみた。これから無料オファーで色々出てきそう。

カズです。

今回は

「IEO(Initial Exchange Offering)とICO(Initial coin offering)との違い」

を見ていきます。

最近のネットビジネス系
無料オファー案件でも、

「爆上げ確定」
「利益確定」
「〇〇倍確定」

という表現を使って、IEO案件を
紹介する案件が登場してくるようになりました。

直近で言えば下記のような案件とか。

MasterPiece(マスターピース)で月500万円の配当は受け取れず稼げもしない?完全にヤバそうな内容だと判明。

下火になってたビットコインも
価格が上がり再燃してきてるので
この類の「値上げ確定系」IEO案件も
今後は更に増えると予想されます。

ただ、無料オファーで紹介される
案件の多くは「凄い儲かります」みたいな
あおり文句全開でセールスするものが多く

本当にその案件が正しいものか?の、
判別が何も知らない人にはつきにくいです。

なので、IEO案件にあたった時に
なるべく冷静な目で案件判断できるよう、

IEOに関する基本的な知識を
本記事でまとめてみたので参考にしてください。

IEOは仮想通貨取引所が行う資金調達方法

まずIEO(Initial Exchange Offering)とは
「仮想通貨取引所が行う仮想通貨(トークン)資金調達法」になります。

もっと簡単に言うと個人ではなく

「仮想通貨取引所が代行して行うICO」

と、いったところですね。

発行から売買~上場までの流れは

①IEO実施のプロジェクトチームがトークン発行
②発行したトークンを取引所へ送付。
③投資家は取引所アカウントを発行
④取引所を介してトークンを購入

以上の手続きを踏むことでトークン購入が可能です。

IEOとICOの違い

IEOとICOの一番の違いは以下。

「IEO」=「仮想通貨取引所がトークンセールを行う」
「ICO」=「プロジェクト開発チームがトークンセールを行う」

という部分です。

今まではプロジェクト開発チームが
そのままトークンセールを行ってたので
本当にトークンが将来性あるものか?
客観的に判断する材料が不足していました。

そのため

・資金だけ集めてプロジェクトが逃げる
・将来性のないICO割れする詐〇コインが横行する

などの問題が多発してしまい、
世のICO案件の99%は詐〇だと
言われてしまっている状況です。

それに対してIEOは販売の
過程で取引所の審査を通すため

「このトークンは本当にプロジェクトとして信頼性の高いものか」

を、事前に取引所側が審査し
基準を満たしたものだけが売買される仕組みです。

そのため基本的に(100%ではないですが)
IEOは、プロジェクトが消えたりICO割れする
可能性が低い安定感のあるトークンとなるわけです。

なので現在IEOは、将来性の高いトークンとして
投機対象として投資家から高い注目を集めています。

IEOの特徴(メリット)

基本的にIEOはICOの弱点を補う
特徴をいくつか揃えていて、それがメリットになります。

そもそもIEOが出てきた背景の一つに、
ICOの詐〇プロジェクト横行が影響してると言われてますから。

ではそんなIEOの現状のメリットを見ていきましょう。

資金持ち逃げやプロジェクト消滅などのリスクが少ない

IEOはトークン開発者ではなく、
取引所がトークンの仲介役として
プロジェクトチームと投資家の間に入ります。

事前のプロジェクト精査と
堅実な資金管理が行われるので

「資金の持ち逃げ」
「プロジェクト自体の消滅」

などのリスクを大幅に減らすことができます。

IEO後には取引所への上場が期待される

通常ICOではトークンセール後に上場しても
マイナーな取引所のため信頼性が担保できず、

トークンセール時の価格を
下回る(ICO割れ)場合や、そもそも

「どこの取引所にも上場しなかった」

という最悪のケースも多く散見されました。

その点IEOの多くは大手取引所で
行われることが多いので、IEO終了後に
そのまま同取引所に上場される場合が多いです。

そのため仮想通貨の将来性はICOよりも安心感があります。

IEOはトークンの信頼性が高まる

IEOはプロジェクト開発チームから
申請をされた後に内容を審査します。

仮に審査で中身のない詐〇トークンを
認可してしまうと、取引所自体の信用問題にも
かかわるため、IEO審査は厳しく徹底的に行われます。

そのため中身のないプロジェクトは
審査の段階ではじかれて認可されません。

逆に認可されたということは取引所から
一定以上の基準を満たしたトークンの証明なので
ICOよりもトークンの信頼性が担保されることとなります。

特に宣伝しなくても取引所ユーザーにアピール可能

基本的にICOはゼロから投資家に
トークンの宣伝をしてセールスへ繋げます。
そのため多くの宣伝費や時間がかかります。

(特に誰も知らない認知度の低いトークンは
芸能人など著名人を宣伝塔にしてアピールし、
相応の先行投資がかかってるケースも多いです)

それに対しIEOは認可された取引所に
プロジェクト掲載されるので、その取引所を
利用してるユーザーに直接宣伝~販売できます。

そのためプロジェクト開発側としては
宣伝費を最小限に抑えてセールス可能となります。

以上がIEOの主なメリットとなります。

IEOの懸念点(デメリット)

次にIEOの懸念点(デメリット)について。

取引所の審査というお墨付きがあるので、
基本的にトークンとしてのデメリットは無さそうですよね。

ただ、そもそも扱っているものが
トークンなので良いことばかりでもありません。

IEOだから必ず安全というわけではない

IEOは取引所の審査を通すので
確かに通貨としての信頼性などは担保されます。

ただ精査されるといっても

「取引所の審査を通貨している」=「絶対安心」とは違います。

あくまで信頼性が高いだけで
その後のトークン価値がどうなるかは未知数。

IEOだから「安全」という人もいますが、
その保証はありませんので注意が必要です。

IEOだから価格が上がる保証もない

同じく、安全性が高いから
信頼性があるから価格も上がるか?
というと、必ずしもそうではありません。

実際にIEOが行われてその後に上場したものの、
価格が下落しているトークンも少なからず存在します。

そのためIEOだから稼げるでは「なく」、
参加前には自身で最低限の調査は必要です。

IEOの流れが不透明(まだ市場が未成熟?)

従来のIEOは早い者勝ち(先着順)で
募集されていましたが参加希望の投資家に対し
購入できた人の割合が少ないと報じられることが多々あります。

また先着順のため、買いたいけど
買えなかった人も多くIEOの問題点となっています。

そのため取引所によっては先着順から
抽選方式に変更するところも出始めています。

加えてIEOの場合はウォレット別に
いくら購入したか確認できましたが、
IEOではそれら機能に対応できていません。

つまり資金の流れが簡単に把握できないので
本当にIEO参加できてるのか?不透明になりがちということです。

現状、IEOの管理を取引所がにぎっており、
参加後のユーザビリティが宜しくないので
今後の改善が期待される部分となります。

以上がIEOの主なデメリットとなります。

IEO参加するなら信頼性の高い取引所かどうかリサーチして見極めよう

以上、今回はIEOについて
ICOと比較して違いを見ていきました。

ICOと比べても「信頼性」「安全性」の面で
IEOが勝っているので今後参加者も増えていくでしょう。

ただ上記の懸念点でも示したように
IEOだから絶対に安全で儲かるとは言えません。

なのでより堅実なIEOを見極めるために
「信頼性の高い取引所で扱われてるか?」
を、しっかりと見るようにしてください。

たとえば海外仮想通貨取引所で
有名なバイナンス、クーコインなど
数多くの通貨を扱う取引所で扱うトークンを狙っていく。

そして、実際に参加する場合は必ず
自分でリサーチするクセもつけていきましょう。

リサーチの仕方も凄く簡単で
「〇〇〇(←IEO名や取引所名)とは」
と、検索すればそのIEOに関する色々な情報が出てきます。

たとえば以前「Celer Network」
というIEO案件がリリースされましたが、
仮にCeler Networkを調べたいなら

「Celer Network とは」で検索すれば
下記のように色々な検索結果が表示されます。

ちょっとしたひと手間だけで
簡単に情報が手に入るので
気になる案件は調べてみてくださいね。

なお、より深い情報を調べられる
便利な検索方法もたくさんあります。

キーワードリサーチスキルを底上げするGoogle検索術

手軽にあなたの検索力を高めて、
必要な知識が好きなだけ手に入るので
是非とも活用していただければと思います。

IEOであっても仮想通貨は
投機的な面も強く安全に必ず
稼げるという保証はありません。

なので、どのような案件であっても
思考停止状態で全面的に信頼せずに
必ず自分でリサーチして決定するクセをつけていきましょう。

楽に稼ぐ方法はないけど「楽しく稼ぐ方法」ならあります

どんなビジネスであっても
何の努力せずに楽して稼げはしません。

最低限の

・知識
・勉強
・実践

は必ず必要になります。

ただし、楽して稼ぐものはないものの、
「楽しみながら稼ぐ」ビジネスはあります。

そしてそういうビジネスの中の1つとして
お薦めするものが、僕も現在進行形で実践してる

「ブログアフィリエイト」です。

このアフィリエイトは、最短数か月で
確かな成果を出す事が出来る堅実なビジネスで
ローリスクハイリターンで収益化が狙えます。

【参考記事】

アフィリエイトとは何か?本当の意味を知ることが最初の一歩

なお、完全にゼロベースから
自分一人でアフィリを始めるのは
ハードルが高いと思う人もいると思います。

そういう場合は第三者のサポートを受ける事で
圧倒的なスピードで収益化する事も可能です。

例えばアフィリエイトで言えば

「ゼロスタートの初心者でも最短2~3か月で収益化可能」

な、こちらのスクールもオススメです。

【参考記事】

【参加注意?】仮面ブロガーズ(MBP) 大西良幸はホンモノなのか?

実績0の初心者さんでも
堅実に収益化出来ていますので
興味があれば是非チャレンジしてみてください。

実際に僕も参加して
成果実証済みですし、

僕自身のサポートを含む
30以上の特典もお付けしています。

「誤った方向に進まずに、最短距離で収益化したい」

なら、迷わず参加することを薦めます。

そして僕自身が過去に
300万円の借金を抱え、
多くの失敗も経験しながら最後は

「ネットビジネスで成功してきたストーリー」

その全てを詰めたWEBマガジンを
期間限定で配信しています。

(合計166ページ以上のノウハウ+裏特典付き)

※特典は予告なく配布終了となりますのでお気をつけください。

このWEBマガジンを見るだけでも

「ネットビジネスで稼ぐための基礎」
「何をどうすれば稼げるようになるのか?」
「具体的にどういうビジネスをやると稼げるか?」

が、わかるようになりますので
自分で稼ぐ力を身に着けたい人は
是非、楽しみながら学んでくださいませ(^^)

ブログでは言えない情報や
極秘ネタも含めて色々とネタバレをしてますので、

ネットビジネスで副収入を得たい、
自力で稼ぐ方法を身に着けたい人は是非とも登録してみてくださいね^^

このメール講座やプレゼントは有料講座で話している内容も多いため「期間限定」で無料公開となります。そのためプレゼントやメール講座自体、予告なく終了となる可能性があります。

このWEBマガジンを見るだけでも

「ネットビジネスで稼ぐための基礎」
「何をどうすれば稼げるようになるのか?」
「具体的にどういうビジネスをやると稼げるか?」

が、わかるようになりますので
自分で稼ぐ力を身に着けたい人は
是非、楽しみながら学んでくださいませ(^^)

※画像クリックか下記フォームに直接入力ください。
※「icloud」と「Hotmail」は非常に届き難いため、
登録後にメールが来ない場合、別アドレスでお試しください。

カズのメルマガ登録用画像
カズ公式無料メールマガジン登録はコチラから

初心者でもパソコン1台で月収10万円を稼ぐための裏ノウハウを「期間限定」今だけ「無料」で公開中!!(販売価格29,800円 ⇒ 期間限定0円!)※PDF166ページ(64,431文字)



 

あなたとお会いできる事を
楽しみにしていますね(^^)

では、カズでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です